スナックで「朝鮮かかってこい」 兵庫サッカー協会幹部、後に辞任

9/18 19:32

 兵庫県サッカー協会の事務局長だった男性が今年3月、神戸市内のスナックで居合わせた兵庫県朝鮮サッカー協会の男性幹部とトラブルになり「朝鮮、かかってこい」と発言していたことが18日、県サッカー協会への取材で分かった。事務局長だった男性は発言を認め、その後「個人的な理由」で辞任した。

 県協会によると3月上旬、神戸市内で酒に酔ってもめ事になり発言した。翌日、発言を受けたとされる朝鮮協会幹部が自身の名前で県協会に電話し「謝罪をお願いします」と抗議したという。

 県協会の臨時総会で男性は「拉致国家、反日国家である朝鮮が嫌いという個人的な理由」と説明。7月上旬辞任した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]