気象庁特別警報メール、調査指示 国交相、配信終了延期も

10/15 13:12
 斉藤鉄夫国交相

 斉藤鉄夫国土交通相は15日の閣議後記者会見で、気象と噴火に関する特別警報の発表を知らせるメール配信を28日で終了するとの気象庁の方針について、全国の自治体が避難情報を適切に提供しているのを確認してから終了を検討すべきだとし、気象庁に調査を指示したと明らかにした。

 指示を受け、気象庁の担当者は「予定通り終了することは困難」として、計画を延期する可能性を示唆した。

 斉藤氏は「特別警報のメール配信終了により避難に必要な情報が得られなくなるのではないかとの懸念の声が寄せられている」と述べた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 斉藤鉄夫国交相
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]