全国の公園遊具18%が修理対象 19年度、老朽化も進む

6/24 20:16

 全国の都市公園にあるブランコなど遊具計約39万基のうち、2019年度に修理、撤去などの安全確保措置の対象となったのは18・5%に当たる7万2672基だったことが24日、国土交通省の調査で分かった。全遊具の49・7%は設置から20年以上が過ぎていた。ブランコのチェーンが外れるなどの事故も後を絶たず、国交省は「老朽化が進んでおり、点検や修理を徹底してほしい」としている。

 撤去分を含む遊具数に占める安全措置の割合が最も高かったのは、滑り台や小屋などを組み合わせた「木製の複合遊具」(44・1%)、次いでジャングルジムが回る「回転塔」(28・1%)など。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]