マグネット玩具、14歳以上に 経産省、誤飲事故で協力要請

6/24 21:01
 「マグネット玩具」の一例(消費者安全調査委員会提供)

 強力な小型磁石を使った「マグネット玩具」を子どもが誤飲する事故が多発していることを受け、経済産業省は24日、インターネット通販事業者に対し、子どもが触れないよう対象年齢を14歳以上とし、商品に「おもちゃ」などの文言を記載しないよう協力を要請した。

 マグネット玩具は、直径数ミリの球体または立方体の磁石数十個を1セットにした商品。一部を紛失しても保護者が気付きにくく、経産省によると開腹手術が必要な事故が起きている。

 ネット通販で子ども向けに販売されることが多い。経産省は「知育」「教育」など子どもが使うことを想定した表現を商品に使わないよう要請した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 「マグネット玩具」の一例(消費者安全調査委員会提供)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]