奈良市長「銃撃事件後世に伝承」 現場整備9月に結論、発生1カ月

8/8 03:49
 奈良市役所でインタビューに答える仲川げん市長

 安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件は8日、発生から1カ月となった。共同通信の取材に対し、仲川げん市長は「歴史の転換点となるはずの今回の事件が投げかける問いを形にしたい」として、事件を記録し後世に伝承する必要があるとの認識を示した。現場の近鉄大和西大寺駅前で進む整備事業の見直しを検討しており、9月中に結論を出す方針。

 仲川氏によると、市民からは追悼のためのモニュメントや献花する場所を現場に設けてほしいという声が多い。

 一方で「つらい思いを固定化することは避けてほしい」などとして、現場に何も残さないでほしいという要望も多数あるという。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 奈良市役所でインタビューに答える仲川げん市長
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]