安倍氏の国葬差し止め求め提訴 市民団体「憲法違反」、東京地裁

8/9 20:24
 安倍元首相の国葬差し止めなどを求める訴訟を起こした市民団体のメンバーら=9日午後、東京地裁前

 安倍晋三元首相の国葬は憲法違反に当たるとして市民団体のメンバーら約230人が9日、国に対し、9月27日に予定されている国葬の実施や国費からの予算支出の差し止めなどを求める訴訟を東京地裁に起こした。

 訴状では、歴史的評価が定まっていない特定の政治家について国葬を実施すれば国民の考え方や心情を一定の方向へ動員することになり、思想・良心の自由を保障する憲法19条に反すると主張。国会に相談せず、政府の一存で国費を支出することも違憲だとしている。

 市民団体は「安倍元首相の国葬を許さない会」。藤田高景代表は「法的根拠のない国葬はおかしいと国民は怒っている」と語った。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 安倍元首相の国葬差し止めなどを求める訴訟を起こした市民団体のメンバーら=9日午後、東京地裁前
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]