ソフトボール部顧問、生徒に体罰 兵庫の高校、顔にけが

10/3 12:21
 兵庫県姫路市の姫路女学院高校=3日午前

 兵庫県姫路市の姫路女学院高で、ソフトボール部顧問の男性教諭(41)が部員で1年生の女子生徒(16)の頬をたたき、顎が外れるなど全治1カ月のけがを負わせていたことが3日、同校への取材で分かった。学校側は教諭の懲戒処分を検討している。

 同校によると、教諭は9月24日の地区大会で生徒がユニホームを忘れたことに腹を立て、頬をたたいて「帰れ」「おまえなんかいらん」などと暴言を吐いた。生徒はたたかれた衝撃で顎が外れたが、その後も許してもらおうと試合に帯同し、その間も度々叱責された。大会は翌日もあり、尻を蹴られるなどの体罰を受けた。生徒は、外傷性開口障害と診断された。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 兵庫県姫路市の姫路女学院高校=3日午前
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]