安保局長、米国務長官と会談 「日米同盟は繁栄の礎」

9/26 05:38

 【ワシントン共同】訪米中の北村滋国家安全保障局長は25日、首都ワシントンの国務省でポンペオ国務長官と会談し、菅政権発足を踏まえ、日米同盟が「自由で開かれたインド太平洋」において平和と安全、繁栄の礎だとの認識で一致した。

 今回の訪米では、エスパー国防長官やオブライエン大統領補佐官(国家安保問題担当)らトランプ政権中枢が北村氏と相次ぎ会談。米側としても日本の新政権を重視する姿勢を見せている。

 北村氏はポンペオ氏との会談で、菅政権下でも日米同盟を強化する外交・安保政策に変わりはなく、自由で開かれたインド太平洋構想を推進するとの方針を伝達した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]