日中往来、月内に再開 外相会談、ビジネス対象

11/24 20:51
 会談を前に肘タッチを交わす中国の王毅国務委員兼外相(左)と茂木外相=24日午後、東京都港区の飯倉公館(代表撮影)

 茂木敏充外相は24日、中国の王毅国務委員兼外相と東京都内で会談し、新型コロナウイルス対策で制限されている日中間のビジネス関係者の往来について、11月中に再開する方針で合意した。コロナ収束に向けた連携強化で一致。閣僚級の「日中ハイレベル経済対話」を来年開催すると申し合わせた。茂木氏は中国公船による沖縄県・尖閣諸島周辺の領海侵入を踏まえ、王氏に前向きな行動を要求。王氏は中国の領有権を改めて主張し、応酬となった。

 9月の菅政権発足後、中国要人の来日は初めて。菅義偉首相も25日夕に王氏と官邸で会談する。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 会談を前に肘タッチを交わす中国の王毅国務委員兼外相(左)と茂木外相=24日午後、東京都港区の飯倉公館(代表撮影)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]