全閣僚、靖国神社に参拝せず 秋季例大祭、外交配慮か

10/18 20:05

 岸田文雄首相と全閣僚は、東京・九段北の靖国神社で17、18両日に開かれた秋季例大祭に合わせた参拝をしなかった。新型コロナウイルス感染や、就任間もない首相の外交方針に影響を及ぼさないよう配慮したとみられる。

 首相は17日に「真榊」と呼ばれる供物を奉納した。安倍晋三元首相や菅義偉前首相の対応に倣った格好だ。後藤茂之厚生労働相と若宮健嗣万博相も真榊を奉納した。

 自民党の高市早苗政調会長は18日に参拝。参拝後、記者団に「国策に殉じられた方に、尊崇の念を持って感謝の誠をささげてきた」と語った。菅前首相は17日に参拝した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]