食品ロス、最少の570万トン 19年度、政府推計

11/30 11:41
 コンビニ弁当などの廃棄食品=2018年、千葉県内

 政府は30日、まだ食べられるのに捨てられた「食品ロス」が2019年度に570万トン発生したとの推計を発表した。前年度から30万トン減り、推計を始めた12年度以降、最少となった。減少は4年連続で、初めて600万トンを割り込んだ。

 内訳は、家庭からの排出が15万トン減の261万トン、飲食店やコンビニなどの事業者が15万トン減の309万トン。

 山口壮環境相は記者会見で「減少の要因は一概には言えないが、国民運動として削減に取り組んだのが大きい」と説明。

 食品ロスの推計は今年4月に18年度分を発表したばかりだが「発表が遅い」との批判を受け、時期を見直した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 コンビニ弁当などの廃棄食品=2018年、千葉県内
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]