野党、政権追及を強調 旧統一教会「重要な課題」

10/3 12:46
 立憲民主党の泉健太代表

 野党は3日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)を巡る問題や安倍晋三元首相の国葬、物価高に関し、臨時国会で政権を追及する意向を強調した。立憲民主党の泉健太代表は党会合で、旧統一教会問題や経済政策を「重要な課題だ」と指摘。「岸田政権の対応は全くなっていない。国民生活を守れていない」と述べ、対決姿勢を強めた。

 共産党の志位和夫委員長も党会合で「政府、自民党と教団側の癒着の徹底究明は、今国会の大きな焦点だ」と表明。日本維新の会の馬場伸幸代表は、自民による教団側との接点調査に関し党会合で「ぼろぼろと(追加公表が)出てきている」と批判した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 立憲民主党の泉健太代表
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]