Jアラート誤発信を陳謝 松野氏「再発防止図る」

10/5 12:43
 記者会見する松野官房長官=5日午前、首相官邸

 松野博一官房長官は5日の記者会見で、北朝鮮のミサイル発射を受けた全国瞬時警報システム(Jアラート)で、発信先に誤って東京都の島しょ部を含めたことに関し「ご心配をおかけした9町村の住民におわび申し上げる」と陳謝した。「システム上の不具合を速やかに改善し、再発防止を図る」とも強調した。

 公明党の北側一雄中央幹事会長は会見で「遺憾と言わざるを得ない」と述べ、原因究明と再発防止を求めた。

 松野氏は、東京都千代田区のほか、稲城市でもJアラートを受けた防災行政無線が流れたと説明。都内のいずれかの地域が対象になると、無線が流れる設定になっていたという。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 記者会見する松野官房長官=5日午前、首相官邸
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]