首相、長男起用は適材適所 「公私混同では」と野党

10/5 17:21

 岸田文雄首相は5日の衆院代表質問で、首相秘書官に長男の翔太郎氏を起用した人事に関し「適材適所の観点から総合的に判断した」と述べた。立憲民主党の西村智奈美氏が「公私混同との批判も招きかねない。支持率低下のさなかに理解できない」と追及したのに答えた。

 立民の安住淳国対委員長は国会内で記者団に「首相が国民に説明しないといけない。世襲は当たり前だと思っているのかもしれないが、時代錯誤ではないか」と指摘。共産党の穀田恵二国対委員長も記者会見で「安倍、菅両政権による『政治の私物化』を引き継いでいる。流れが後退している一つの象徴的な表れだ」と語った。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]