首相の解散判断へ環境整備 公明代表「曇らないよう」

9/21 11:46
 公明党の山口那津男代表

 公明党の山口那津男代表は21日、衆院解散を巡り、岸田文雄首相の判断に支障が出ないよう環境整備に努める考えを示した。東京都内で開かれた日本商工会議所の会合で「10月で衆院議員任期の折り返しを迎える。以降は首相の判断に曇りが出ないよう、与党として対応していく」と述べた。解散時期について「首相の専権事項だ。いつすべきだとか、いつすべきでないということは言わない」とも語った。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 公明党の山口那津男代表
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]