首相、エジプトへ2億ドル支援 中東情勢で財政悪化

12/2 05:35
 ワーキングディナー会場の前で、エジプトのシシ大統領(左)と握手する岸田首相=1日、ドバイ(代表撮影・共同)

 【ドバイ共同】岸田文雄首相は1日夜(日本時間2日未明)、訪問先のアラブ首長国連邦(UAE)でエジプトのシシ大統領と会談した。パレスチナ自治区ガザ情勢を巡り、民間人の被害を防ぐため、あらゆる措置を講じる必要があると指摘。中東情勢を受け悪化しているエジプトの財政支援へ最大約2億3千万ドル(約338億円)の拠出を検討すると表明した。

 会談はワーキングディナー形式で約1時間30分。首相は、イスラエルとイスラム組織ハマスの仲介やガザ地区への人道支援物資搬入で「エジプトは極めて重要な役割を果たしている」と評価。その上で「ガザでの戦闘再開は残念であり、事態の沈静化が重要だ」と強調した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ワーキングディナー会場の前で、エジプトのシシ大統領(左)と握手する岸田首相=1日、ドバイ(代表撮影・共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]