トリガー「年内に一定の方向を」 国民・玉木氏、自公にくぎ

12/3 12:09

 国民民主党の玉木雄一郎代表は3日のフジテレビ番組で、ガソリン税を一部軽減する「トリガー条項」の凍結解除を巡る自民、公明両党との3党協議について「いつまでも続けるつもりはない。年内に一定の方向は出したい」と強調した。凍結解除できない場合は「岸田政権とこれまでのような付き合いはできなくなる」とくぎを刺した。

 新党結成を表明した前原誠司代表代行に関しては「9月の代表選後に『ノーサイド』と言っていたのに極めて残念だ」と不快感を示した。離党届を出した衆院選比例代表選出議員には、国民民主として得た議席だとして議員辞職を求めた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]