安倍派「裏金」9千万円超議員も 特捜部、還流の経緯捜査

12/7 06:08
 安倍派の政治資金パーティー疑惑の構図

 自民党派閥の政治資金パーティー券問題で安倍派(清和政策研究会)の所属議員の中に、最近の5年間で9千万円超のキックバック(還流)を受け、裏金にしたとされる議員がいることが6日、関係者への取材で分かった。安倍派全体での裏金は5年間で1億円超とみられる。少なくとも10人以上が還流を受け、複数が1千万円を超えて受領していたといい、この議員が突出していた。

 東京地検特捜部は政治資金規正法違反(不記載・虚偽記入)の疑いで、還流額が多い安倍派所属の議員秘書らを中心に聴取を進めており、還流に関する議員とのやりとりなどを確認する。

 岸田文雄首相は6日、問題を巡って茂木敏充幹事長らと党本部で会談し、パーティー開催の当面自粛を申し合わせた。信頼回復に向けた党の取り組みを明らかにするまでの期間とし「党として強い危機感を持たなければならない重い課題だ」と表明した。一方、各派閥に対する実態解明の指示は出さなかった。

 関係者によると、自民党の各派閥のパーティー券は1枚2万円が相場。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 安倍派の政治資金パーティー疑惑の構図
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]