首相に教団との関係調査を要求 野党「ごまかすのは悪質」

12/7 17:23

 野党は7日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)関係者との面会報道を巡る岸田文雄首相の対応に「ごまかすのは悪質だ。国民の信頼を得られない」(立憲民主党の長妻昭政調会長)と一斉に批判した。改めて首相に事実関係を調査し公表するよう求めた。

 首相は自民党政調会長だった19年にギングリッチ元米下院議長と共に教団関係者と面会したとの報道に関し「同行者は承知していない」との説明を繰り返している。

 長妻氏は「名刺は保管されているはずだ」とし、日本維新の会の馬場伸幸代表も「誰が来ていたのか調査して公表すべきだ」と要求。共産党の志位和夫委員長は写真の存在を踏まえ「知らないというのは通用しない」とした。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]