女性宮家「緊急的な課題」 立民検討委の皇位継承案

2/20 12:24
 野田佳彦元首相

 立憲民主党の「安定的な皇位継承に関する検討委員会」(委員長・野田佳彦元首相)がまとめた論点整理案が判明した。女性皇族が婚姻後も皇室にとどまり、当主となる「女性宮家」創設について「緊急的な課題として議論を急ぐ必要がある」と指摘した。関係者が20日、明らかにした。同日午後に党内で協議する。

 論点案には「近々、女性皇族が婚姻により皇室を離れることは十分想定される」と記述。ただ、女性宮家を創設した場合には将来の女系天皇につながる可能性があるとの慎重意見も併記した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 野田佳彦元首相
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]