輪島市副市長隣家相談初日に解体 「一番先に」と担当課に要請

2/25 17:18
 地震で石川県輪島市の中山由紀夫副市長宅(右)側に傾いた隣家=7日(近隣住民提供)

 能登半島地震で5千棟以上の住宅が全半壊した石川県輪島市で、中山由紀夫副市長(64)の自宅側に傾いていた隣家の緊急公費解体が、市民からの解体相談の受け付け初日にあたる12日に始まったことが25日、分かった。初日に相談し同日着工された例はなく、中山氏は取材に「受け付け前から担当課とやりとりした。制度が始まったら(解体を)一番先にしてと言ったが圧力はかけていない」と説明した。

 緊急公費解体は、復旧作業の妨げとなるか、周囲に危険を及ぼす恐れがある建物を、罹災証明書の発行前に自治体が所有者に代わり解体・撤去する仕組み。市では12〜21日に約700件の相談を受け付けた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 地震で石川県輪島市の中山由紀夫副市長宅(右)側に傾いた隣家=7日(近隣住民提供)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]