国民民主、公認取り消し 東京15区補選内定の新人

2/25 20:41
 千葉市内で記者団の取材に応じる国民民主党の玉木代表=25日午後

 国民民主党は25日、衆院東京15区補欠選挙(4月16日告示、28日投開票)に擁立予定だった元会社員の新人高橋茉莉氏の公認内定を取り消したと発表した。これに先立ち玉木雄一郎代表は千葉市で記者団に「法令違反の恐れがある事実が確認された」と述べ、26日に記者会見を開いて詳細を説明すると明らかにした。

 法令違反の内容には言及を避けつつ「政治とカネの問題が厳しく言われている中、お金の問題については党としても厳正に対処しないといけない」と語った。別の候補者を擁立するかどうかは未定とした。

 東京15区補選は、東京都江東区長選を巡る公選法違反の罪で起訴された柿沢未途被告の辞職に伴い実施される。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 千葉市内で記者団の取材に応じる国民民主党の玉木代表=25日午後
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]