マイナ保険証利用4・60% 1月、2%台が3県

2/29 18:52

 厚生労働省は29日、社会保障審議会の部会を開き、マイナンバーカードに健康保険証の機能を持たせた「マイナ保険証」の1月の利用率は4・60%だったと明らかにした。前月の4・29%から微増したが、依然低迷している。都道府県別の利用率も初めて公表し、鹿児島の8・44%が最も高かった。沖縄、愛媛、青森3県は2%台にとどまり、沖縄の2・31%が最も低かった。

 鹿児島に続いて鳥取7・19%、福井6・84%、宮崎6・65%、石川6・14%の順に利用率が高かった。沖縄に次いで愛媛2・65%、青森2・88%の順に低かった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]
[PR]