24年度予算、月内成立が確定 異例の土曜審議、巨額112兆円

3/2 19:42
 2024年度予算案を可決した衆院予算委=2日午後

 2024年度予算案は2日の衆院予算委員会と本会議で、与党の賛成多数により可決され、衆院を通過した。憲法の衆院優越規定に基づき3月中の成立が確定した。採決日程を巡る与野党攻防が激化した結果、異例の土曜日の審議となった。一般会計の歳出総額は112兆5717億円で、23年度当初の114兆円に次ぐ過去2番目の巨額予算。審議の場は参院に移る。野党は自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件を巡り追及を続ける方針だ。

 与野党は参院予算委で4、5両日に岸田文雄首相と全閣僚が出席する基本的質疑を実施する日程に合意。裏金事件に関しては参院政治倫理審査会が近く開催される方向で、衆院政倫審も新たな申し出があれば審査する。

 首相は衆院通過後、官邸で記者団に「参院でも丁寧に審議に臨み、早期成立に向けて努力を続けたい」と強調。立憲民主党の安住淳国対委員長は裏金を巡り「逃げ切れると思ったら大間違いだ」とけん制した。

 首相は2日の衆院予算委で、予算案について「能登半島地震の復興や国民生活に深く関わる内容が含まれている」と述べた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 2024年度予算案を可決した衆院予算委=2日午後
 国会議事堂
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]