30年の温室ガスは16%増加 国連、パリ協定の水準届かず

10/26 00:54

 国連気候変動枠組み条約事務局は25日、各国が10月までに示した温室効果ガス排出削減目標が達成されても、2030年の排出量は10年比16%増えるとの分析結果を発表した。地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の目指す水準には届かなかった。

 10月末からの英国での国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に向け、同事務局が最新の状況を更新したが、前回9月の報告と同じ結果となった。

 パリ協定は産業革命前と比べた世界の気温上昇を2度未満、できれば1・5度に抑えることを目指す。1・5度に抑えるには30年の排出量を10年比で45%減らす必要があるとされる。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]