医師残業、年1860時間 上限定める省令案了承

11/30 11:42
 厚労省で開かれた労働政策審議会分科会=30日午前、東京都千代田区

 医師の働き方改革を巡り、厚生労働省の労働政策審議会分科会は30日、勤務医の残業時間の上限を原則年960時間、地域医療を担う医療機関などで、長時間労働を避けられない場合は年1860時間とする省令案を了承した。同省の有識者検討会の中間取りまとめを踏まえた案で、同省は労働基準法施行規則の一部改正などを行う。

 施行は24年度から。年1860時間の適用対象には研修医が所属する医療機関なども含まれ、各医療機関は事前に都道府県から指定を受ける必要がある。

 政府は今年5月に医療法などを改正。年1860時間の適用対象となる医療機関に、医師の連続勤務の制限などを義務付けた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 厚労省で開かれた労働政策審議会分科会=30日午前、東京都千代田区
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]