独、大麻合法化の法案可決 医師ら根強い反対

2/24 00:14
 大麻の合法化を求めて集まった人たち=2023年4月、ベルリン(ロイター=共同)

 【ベルリン共同】ドイツ連邦議会(下院)は23日、個人による嗜好用の大麻の所持と栽培を認める法案を可決した。ドイツメディアによると、連邦参議院(上院)も通過し、成立する見通し。早ければ4月から、18歳以上の成人は使用目的での25グラムまでの所持、3株までの栽培が認められる。ただ医師や司法団体の反対は根強い。

 国内で大麻がまん延する中、流通を管理することで闇市場での粗悪品取引や未成年者の使用を抑止することが狙い。

 一方、医師会は大麻の依存性や若年層の常用による脳への影響を警告。裁判官と検察官でつくる団体は犯罪が増加し、司法の負担が増大すると批判している。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 大麻の合法化を求めて集まった人たち=2023年4月、ベルリン(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]