400個人メドレーで大橋は5位 世界水泳、競泳終了

6/26 05:49
 女子400メートル個人メドレー決勝 大橋悠依の平泳ぎ。5位に終わった=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】水泳の世界選手権第8日は25日、ブダペストで行われ、競泳女子400メートル個人メドレーで東京五輪金メダルの大橋悠依(イトマン東進)は4分37秒99で5位に終わった。谷川亜華葉(イトマン近大)は4分44秒28で8位。15歳のサマー・マッキントッシュ(カナダ)が4分32秒04で勝った。

 競泳は全日程を終え、日本のメダルは銀2、銅2の計4個だった。

 水球男子の1次リーグB組で日本はクロアチアに13―21で敗れ、1勝2敗の3位で決勝トーナメントに進んだ。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 女子400メートル個人メドレー決勝 大橋悠依の平泳ぎ。5位に終わった=ブダペスト(共同)
 女子400メートル個人メドレー決勝のレースを終え、健闘をたたえ合う8位の谷川亜華葉(左)と5位の大橋悠依=ブダペスト(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]