UAEへのF35売却容認 イスラエル、米政府に

10/24 10:34

 【エルサレム共同】イスラエル政府は23日、米国製の最新鋭ステルス戦闘機F35のアラブ首長国連邦(UAE)への売却に反対しないと発表した。UAEとの国交正常化後も、中東での軍事的優位が損なわれるとして売却に反対していたが、態度を変え容認した。

 トランプ米大統領はF35のUAEへの売却に前向きで、劣勢が伝えられる11月の米大統領選を前に、軍需産業関係者に成果をアピールする狙いとみられる。

 イスラエル政府は「米政府がイスラエルの軍事能力を向上させ(中東での)軍事的優位を維持させる以上、UAEに対するこれらのシステムの売却に反対しない」と強調した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]