ロシア軍、東部戦線立て直し狙う 予備役2500人準備か

5/16 10:02
 ウクライナ東部ドネツク州で、砲撃があった現場=15日(タス=共同)

 【キーウ共同】ウクライナ軍は15日、同国侵攻を続けるロシア軍が新たに約2500人の予備役を投入する準備をしていると発表した。英国防省は2月末の侵攻以降、ロシア軍が地上戦力の3分の1を失ったと分析しており、苦戦が伝えられる東部戦線で立て直しを図る狙いがありそうだ。

 予備役はウクライナとの国境に近いロシアのボロネジ州、ベルゴロド州、ロストフ州で訓練を行っている。ウクライナ軍参謀本部は、ロシアの予備役招集は「部隊の損失を補うためだ」とした。

 主戦場となっているウクライナ東部ドネツク州の知事は15日、ロシア軍の攻撃により州内で民間人3人が死亡したと主張した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ウクライナ東部ドネツク州で、砲撃があった現場=15日(タス=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]