バイデン大統領、銃規制に決意 米ラスベガス乱射事件から5年

10/2 10:33

 【ワシントン共同】2017年に米西部ネバダ州ラスベガスの屋外コンサート会場で58人が犠牲となり、米史上最悪とされた銃乱射事件から5年となった1日、バイデン大統領は声明を発表し、銃規制を続ける決意を強調した。11月の中間選挙に向け、銃犯罪抑止に向けた政権の取り組みをアピールした。

 バイデン氏は「5年前、コンサート会場が大量殺りくの現場と化した」と振り返り、「近代米国史の中で最も命が失われた銃乱射事件であり続けている」と指摘。犠牲者への哀悼の意を表した。

 今年6月に28年ぶりの本格的な銃規制法を成立させたことなどに言及し、さらなる銃規制を目指すと表明した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]