ロシア軍、東部激戦地で前進か 英分析、攻勢を強化

12/6 18:23
 ロシアの攻撃で地面にできた大きな穴=5日、ウクライナ南部ヘルソン(ロイター=共同)

 【キーウ共同】英国防省は5日、ロシア軍がウクライナ東部ドネツク州の激戦地マリンカで前進し、市街地をほぼ制圧したとみられると分析した。ロシア軍は戦争目的の一つとして掲げる東部ドンバス地方(ドネツク、ルガンスク両州)の全制圧に向け、攻勢を強めている。ウクライナ軍は依然としてマリンカの町の西端部を維持しているとされる。

 ロシア軍はドネツク州の州都ドネツク近郊のウクライナ軍支配地域だったマリンカやアブデーフカで人海戦術を展開。プーチン大統領の出馬が確実視される来年3月のロシア大統領選を前に、戦果の拡大を狙っている可能性がある。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ロシアの攻撃で地面にできた大きな穴=5日、ウクライナ南部ヘルソン(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]