ガザ市民への「集団処罰」懸念 人権高等弁務官、調査必要と強調

12/6 22:04
 記者会見する国連のターク人権高等弁務官=6日、スイス・ジュネーブ(共同)

 【ジュネーブ共同】国連のターク人権高等弁務官は6日、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で記者会見し、パレスチナ自治区ガザ情勢について「市民らへの攻撃が集団処罰として続いている」と強い懸念を示した。「残虐な犯罪の可能性がある」と指摘し、調査の必要性を強調した。

 ターク氏はイスラエルとイスラム組織ハマスの双方に「対立の即時停止と全ての人質の解放」を呼びかけた。性暴力や戦争犯罪に関する調査班を編成したが、イスラエルから承認を得られず、現地に派遣できていないと明らかにした。

 ターク氏は、世界中でおよそ65の紛争が続いているとして「人権侵害を防ぐため、行動しなければならない」と訴えた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 記者会見する国連のターク人権高等弁務官=6日、スイス・ジュネーブ(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]