米西部の交差点に日系兵士の名前 伊で戦死「歴史知る契機に」

12/10 10:23
 「サダオ・S・ムネモリ記念交差点」と書かれた看板の下に立つ曽根健孝駐ロサンゼルス総領事(左端)と、ジェームズ・ナカキハラさん(左から2人目)、ヨシオ・ナカムラさん(右端)ら=9日、米グレンデール(共同)

 【グレンデール共同】米西部ロサンゼルス近郊グレンデールで、第2次大戦中に戦死し、1946年に日系人として初めて米名誉勲章を授与されたサダオ・ムネモリさんの名前を冠した交差点が誕生した。氏名が記された看板の除幕式が9日開かれ、出席者は「日系人の歴史を知るきっかけにしてほしい」と語った。

 交差点の名前は「サダオ・S・ムネモリ記念交差点」。グレンデールのブロトマン市長は式典で「日系人が強制収容されていた時代に彼は米国のために戦った」とたたえた。

 日系2世のムネモリさんは日系人部隊の陸軍第442連隊に所属。45年、イタリア戦線で手りゅう弾に覆いかぶさり、仲間を守って死亡した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 「サダオ・S・ムネモリ記念交差点」と書かれた看板の下に立つ曽根健孝駐ロサンゼルス総領事(左端)と、ジェームズ・ナカキハラさん(左から2人目)、ヨシオ・ナカムラさん(右端)ら=9日、米グレンデール(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]