英皇太子「戦闘終結を」 ガザ情勢憂慮の声明

2/21 05:53
 英国赤十字の本部を訪れ、関係者の話を聞くウィリアム皇太子=20日、ロンドン(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英国のウィリアム皇太子は20日、X(旧ツイッター)で声明を発表し、パレスチナ自治区ガザでのイスラエルとイスラム組織ハマスの戦闘で「あまりに多くの人々が犠牲になった」と憂慮を示した。「できるだけ早く戦闘が終結するよう望んでいる」と述べた。

 政治的な中立が求められる英王室の主要メンバーが政治・外交問題で強い声明を出すのは「異例」(英メディア)とされる。皇太子には、世界に惨状を訴えたいという思いがあるとみられる。

 声明は「ガザへの人道支援の強化が切実に求められている。援助が届き、人質が解放されることが重要だ」と強調した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 英国赤十字の本部を訪れ、関係者の話を聞くウィリアム皇太子=20日、ロンドン(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]