社説

免震装置データ改ざん 不正生む土壌、一掃せよ

 油圧機器メーカーのKYBと子会社による免震・制振装置データ改ざんが、全国の自治体やマンション住民を不安に陥れている。KYBは改ざんなどが判明した装置を使っている建物986件のうち所有者の了解が得られた建物名称70件を発表した。建物の安全性の信頼を損ねたKYBの責任は重大である。

 改ざんが明らかになったのは油の粘性を利用して建物の揺れを少なくする装置の「オイルダンパー」。免震用と制振用の2種類ある。国土交通省は、不正な装置が使われた建物でも震度7程度の地震で倒壊する恐れはないとしている。しかし、地震の際に設計通りの性能が働かず、建物への影響が想定よりも大きくなる可能性がある。

 免震用は過去にKYBの装置を採用した全ての建物の約86%、制振用は約23%に当たる。自治体のほか、原発の関連施設、東京五輪・パラリンピックの競技会場にも設置されていた。影響は大きな広がりを見せている。

 本県では子会社製の免震用が3件の建物で採用されている。酒田市役所の1期工事(2015年11月完成)部分と2期工事(17年6月完成)部分で地下に計20基使用。天童市役所は耐震改修工事(13年12月~15年6月)で本庁舎地下に4基使われた。

 改ざんは15年以上前の03年1月ごろから行われてきたとみられる。05年に姉歯秀次元1級建築士による建物の構造計算書偽造が発覚。15年には、くい打ちデータ改ざん事件も起きている。「姉歯事件」は地方に波及し、建築基準法など関連法が改正され、構造計算書のダブルチェック、中間検査の義務化、罰則強化が新たに求められるきっかけになった。

 今回の改ざんは「姉歯事件」が世間を騒がしている最中に行われていることになる。改ざんが長期にわたり、常態化し、綿々と引き継がれる。「事件」の教訓は全く生かされなかった。法律の網をかいくぐるように、建物の安全性の担保が再構築されなかったことになる。

 不正の手口は検査数値が基準を逸脱した場合に必要のない係数を掛け、合格の範囲内に修正したというものだ。KYBによると、1995年の阪神大震災などをきっかけに需要が増大。2000年代から生産を強化した。少なくとも8人の検査員が口頭で不正を引き継ぎ、製品の性能をチェックする検査員は一時期、1人しかいなかった。品質管理の軽視、データ管理のずさんさがうかがえる。

 同社は不正の動機として「検査に時間がかかったため」と説明している。しかし、到底納得できない。周囲や上層部がなぜ察知できなかったのか、大いに疑問が残る。背景に販売優先の利益追求があるのではないか。

 最近、日本の製造業で長期にわたる品質不正の発覚が相次いでいる。かつて世界に誇った「ものづくり日本」。その信頼は損なわれつつある。

 今回の不正には「利益第一」や内部に「異論を挟めない空気」の呪縛はなかったのか。KYBは組織ぐるみの関与がなかったかを含め、徹底的に問題点を洗い出し、うみを出し切って不正を生んだ土壌を一掃するべきだ。

(2018/10/20付)
最新7日分を掲載します。
  • 10月20日
  • 免震装置データ改ざん 不正生む土壌、一掃せよ

     油圧機器メーカーのKYBと子会社による免震・制振装置データ改ざんが、全国の自治体やマンション住民を不安に陥れている。KYBは改ざんなどが判明した装置を使っている建物986件のうち所有者の了解が得られた建物名称70件を発表した。建物の安全性の信頼を損ねたKYBの責任は重大である。[全文を読む]

  • 10月19日
  • 強制不妊手術問題 救済の動き加速に期待

     旧優生保護法の下で障害者らに不妊手術が繰り返されていた問題で、救済策を検討している自民、公明の与党ワーキングチーム(WT)は、全国被害弁護団と25日に初めて面会する。[全文を読む]

  • 10月18日
  • 風疹流行 防ぎたい妊婦への感染

     風疹が首都圏を中心に流行している。妊娠中に感染すると、赤ちゃんに障害が出る恐れがある感染症だけに警戒が必要だ。地方にもじわじわと広がる動きがあり、予防を徹底したい。[全文を読む]

  • 10月17日
  • サウジ人記者行方不明 批判は国を思ってこそ

     サウジアラビア一国の突出した行動だろうか。いや、批判の声を抑圧するような強権的国家が、このところ世界的に散見される状況を象徴しているようにも思える。[全文を読む]

  • 10月16日
  • 消費税増税 生活の影響を最小限に

     安倍晋三首相が消費税を予定通り2019年10月に現行8%から10%に引き上げる方針を表明した。これまで2回、引き上げを延期した首相だけに、今回も、延期する可能性が指摘されていたが、よほどのことがない限り、実施されることになったと言える。[全文を読む]

  • 10月15日
  • 最上地域の林業振興 知恵を絞り成長産業へ

     最上地域は、林業振興に向けた先進的な取り組みが評価され、林野庁の支援モデル事業「林業成長産業化地域」に選定された。該当期間は5年で、ことしが2年目。安定供給と持続可能な経営の実現に向け、効果の高い施策を展開し、本県全体の林業振興への道筋をつけることが期待される。[全文を読む]

  • 10月13日
  • 社会保障改革 将来世代に責任果たせ

     安倍晋三首相は、内閣改造を受けた記者会見で「全世代型の社会保障改革」に今後3年かけて取り組むと強調した。現行制度は高齢者に手厚い一方、現役世代は給付が手薄で負担は重い。少子高齢化が止まらない中、膨らみ続ける社会保障給付の重荷に耐えられるのか、国民の不安は増している。これまでも改革の必要性が指摘されながら、遅々として進まなかった。ぜひ断行してもらいたい。[全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から