社説

県内4年ぶり待機児童 保育環境の充実図ろう

 女性の就業者が増える中、希望しても認可保育所などに入れない待機児童の問題が社会に重くのしかかっている。

 政府は2013年4月に待機児童解消加速化プランを策定し、5年で保育定員を40万人分増やし、17年度末までに待機児童をなくすと掲げた。実際、受け皿整備は1年前倒しで当初目標の40万人分を達成する見通しだ。

 一方、想定以上に働く女性が増え、利用者が増加、待機児童が高止まりしている現実もある。13年4月時点で約2万2700人だった待機児童数は16年4月で2万3500人とむしろ増えている。

 保育需要の増加には、景気回復による企業の採用増のほか、政府や自治体が待機児童対策に力を入れる中、従来なら保育利用を諦めていた人が申し込むようになったという背景もある。

 政府はこうした状況を受け、17年度末までの目標達成を事実上断念した。安倍首相は先月の会合で「待機児童ゼロという目標は決しておろさない。状況を見極めた上で、次なる解消プランを6月に決定していく」と述べ、新計画を6月に策定する考えを示した。達成期限の先送りなどが盛り込まれるとみられる。

 待機児童を巡っては昨年、「保育園落ちた日本死ね」との匿名ブログを契機に批判が噴出した。政府は「小規模保育」の定員拡大や事業所内保育所の拡充、不足している保育士の待遇改善などを盛り込んだ緊急対策を発表したが、状況は改善されておらず、4月入所の申し込みで落選した保護者が相次いでいる。

 待機児童の問題は大都市部で顕著で、地方ではそれほど顕在化していなかったが、本県も問題がないわけではない。

 県内で4年ぶりに待機児童が生じたことが4月1日現在で調べた県の速報値で明らかになった。天童市で36人、東根市で27人、山形市で4人の計67人。100~200人台で推移していた数年前ほどではないにせよ、景況を背景に有効求人倍率が比較的高水準に推移し、女性の就業意識が高まる中で、本県も無縁ではないことが改めて提起された形だ。年齢的には3歳未満児の需要が高い。

 統計の取り方によっては数字がさらに膨らむ。親が育児休業を取得している場合などはカウントされず、公的な統計に表れない、そうした「潜在的な待機児童」は516人と7倍以上に上る。

 3市は比較的就業先が多く、周辺地域から人口が流入するなど子育て中の若い世帯が多い地域的特徴がある。その意味では活気あるマチとも言え、勢いをそぐことのないよう、幼児の受け入れ枠の拡大や保育サービスの拡充に努めたい。そうした整備の際は的確な需要の把握と予測も求められる。

 同時に、現状においては空きのある施設と満員の施設が併存し、需要と供給の間にミスマッチも指摘されている。入所希望が育休明けの復職先周辺など特定の施設に重なり、山形市では市中心部に需要が集中する傾向がある。保育施設の利用調整役を行政機関などに専属で置くことも重要―との指摘もある。

 保育士など人材の確保も急務だ。さまざまな手だてを図りながら、仕事と育児を両立できる環境の整備に努めたい。

(2017/04/26付)
最新7日分を掲載します。
  • 4月26日
  • 県内4年ぶり待機児童 保育環境の充実図ろう

     女性の就業者が増える中、希望しても認可保育所などに入れない待機児童の問題が社会に重くのしかかっている。[全文を読む]

  • 4月25日
  • 中国人のビザ発給緩和 東北一体で誘客に注力

     外務省は、中国人観光客向け数次ビザの発給要件緩和措置を本県に広げると発表した。岩手県、宮城県、福島県を対象訪問地としている「東北3県数次ビザ」を、新たに本県と青森県、秋田県も含めた「東北6県」に拡大する。5月8日に運用を開始する。中国からの訪日観光客にとっては利便性が向上し、インバウンド(海外からの旅行)の増大が期待される。東北地域全体の連携強化を基軸にして誘客策に力を入れ、リピーターも取り込んで入り込み増大に結び付けたい。[全文を読む]

  • 4月24日
  • 金山の「がん探知犬」検査導入 住民の健康対策第一に

     金山町は本年度、がんが発するにおい物質を嗅ぎ分けるとされる「がん探知犬」を活用した町民の検体(尿)検査を実施する。地域の活力維持のためには病気を早期に発見・治療し、住民の健康寿命を延ばすことが先決だという町の強い思いが背景にある。ユニークな検査でもあり、成果に注目したい。[全文を読む]

  • 4月22日
  • 緊張高まる北朝鮮情勢 日米韓で平和解決図れ

     米国、北朝鮮の双方が軍事力誇示の応酬を続けた結果、偶発的な衝突が発生するようなことは、何としても避けなければならない。米国と、同盟国である日韓両国が連携するだけでなく、北朝鮮に影響力を持つ中国も巻き込んで外交努力を通じた平和的解決を図るべきだ。[全文を読む]

  • 4月21日
  • 政務三役らの失言、不祥事 政権の緩みを自覚せよ

     安倍政権の政務三役や自民党幹部による不用意な言動が止まらない。女性問題や問題発言による政務官の辞任劇も続く。政権に緩みが生じているのは明白だ。「安倍1強」の状況下でおごりはないのか。国民の信頼が揺らいでいる。[全文を読む]

  • 4月20日
  • 日米経済対話 2国間交渉には要警戒

     日米両政府が東京で開いた初の経済対話は、貿易・投資ルールなど3分野を柱に議論していくことで合意はしたが、テーマ設定以上の議論とはならなかった。むしろ米側の本音が顕在化し、日米のスタンスの違いが鮮明となった。[全文を読む]

  • 4月19日
  • 県内の交通死亡事故 最悪ペースに歯止めを

     県内で今年に入って発生した死亡事故は、県警交通企画課によると17日現在で12件(犠牲者13人)に上り、過去5年で最悪の状態になっている。特に同日までの10日間で3件集中して発生。依然として高齢者が絡む事故が目立つ。春の交通安全運動(6~15日)期間を終えたばかりだが、春は新入学の児童、生徒や初心者ドライバーが多いだけに一段と注意を喚起し、歩行者などへの配慮や交通環境に適応した運転、安全確認の徹底を呼び掛け、事故に歯止めをかけたい。[全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

GW特別号、26日配信

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から