社説

中国共産党大会 政治経済改革が不可欠

 外交、内政の両面で中国の強硬路線は続きそうである。だが、いやしくも大国を自任するのであれば、国際協調の視点も重視するべきだろう。

 中国共産党の第19回大会が北京で開幕した。党トップの習近平総書記(国家主席)は冒頭の活動報告で、中華民族の偉大な復興という「中国の夢」の実現に向け、挙党態勢で臨む方針を示した。習氏は「党の指導」の下、軍事力を強化し、反腐敗闘争や政治的引き締めを継続する考えも鮮明にしている。

 だが長期的に国内の安定を保つには、民主化に向けた政治体制改革や経済の質の向上を図る改革が不可欠だ。日本は中国の動向を見極め、入念な対中戦略を講じたい。

 党大会は5年に1度開かれ、今大会で習政権2期目の新指導部が誕生する。習氏は既に党の「核心」の地位を持つが、今回は自らの新政治思想を党規約に盛り込み、さらに権力基盤を強化する。

 習氏は報告で反腐敗闘争について「圧倒的な勝利を得た」と成果を誇示し、闘争を継続する考えを示した。政権は「虎もハエもキツネもたたく」として巨悪から末端まで官僚の不正を取り締まり、国民から幅広い支持を得た。

 しかし、中国には「親族も含めて完全に清廉な政治家はほぼいない」ともいわれる。汚職摘発が、恣意(しい)的に政敵を倒す権力闘争に用いられることはないのか。公正さを保つには「司法の独立」や権力を監督する制度を構築する必要があろう。

 また、習政権は共産党独裁の堅持を究極的な狙いとする国家安全戦略に力を入れ、西側民主主義の受け入れを拒否。人権派弁護士を大量に拘束し、インターネットや雑誌の言論統制を強化するなど、政治的引き締めを図ってきた。人工知能(AI)を使った顔認識技術や個人の信用情報システムなどを活用して、社会を管理する動きも急速に進んでいる。

 しかし国民は今、海外旅行や留学、ネットで国外の様子を知ることができる。強権的な手法に頼って長期的に国内の安定を維持するのは難しいだろう。圧政ではなく、国民の多様な意見をくみ上げることができる民主化に向けた政治体制改革が不可欠だ。

 2期目の政権の最も重要な課題は経済だともいわれる。習氏は「中国の夢」へのステップとして、党創建100年の2021年に「小康社会」(まずまずの暮らしができる社会)を全面的につくることを目標に掲げる。

 だが、中国の経済成長率は低下し、昨年は6.7%と26年ぶりの低い伸び率だった。今年上半期は6.9%と通年目標「6.5%前後」を上回ったが、景気刺激策を弱めれば落ち込みは必至で国民の不満は高まる。政権は難しいかじ取りを余儀なくされている。

 中国は政治、経済、軍事の各分野で国力を増す人口13億人の大国である。アジアと世界に与える影響は大きい。隣国の日本にとっては、中国が国際協調を貫き国内が長期に安定していることが望ましい。日中友好の大局を重んじながら、中国に平和主義と政経両面の改革を促す積極的な対中戦略が必要とされている。

(2017/10/19付)
最新7日分を掲載します。
  • 10月19日
  • 中国共産党大会 政治経済改革が不可欠

     外交、内政の両面で中国の強硬路線は続きそうである。だが、いやしくも大国を自任するのであれば、国際協調の視点も重視するべきだろう。[全文を読む]

  • 10月18日
  • 衆院選・北朝鮮と憲法 論戦深め選択の礎築け

     衆院選は終盤の戦いに入った。安倍晋三首相は街頭演説でこれまで、少子化とともに北朝鮮の脅威を「国難」と位置付けて強調しているが、自民党の公約の柱に掲げた、憲法に自衛隊を明記するなどの改憲案にはほとんど触れていない。[全文を読む]

  • 10月17日
  • 神戸製鋼データ不正 うみを出し体質見直せ

     神戸製鋼所が強度などのデータを不正に改ざんした製品は、納入先が約500社に上り、国内外の車や鉄道車両、航空機、防衛装備品などに使われていた。人命に関わるトラブルが発生する恐れもあり事態は深刻だ。不正は世界規模で混乱を広げ「ものづくり日本」の信頼を傷つけている。神戸製鋼はまず、安全性の確認を急がなければならない。[全文を読む]

  • 10月16日
  • 米沢市のブランド戦略事業 市民の参画、理解もっと

     米沢が誇る多種多彩な産品やサービスを再認識し、幅広く発信しようと、市は「米沢ブランド戦略事業」に取り組んでいる。まずは幅広く市民の意見を聴いた上で米沢全体にかかる基本概念(コンセプト)を設定する方針で、さまざまな市民グループを対象とした少人数のワークショップを開催中だ。「ブランド化」とは単に米沢のキャッチコピーをつくることだけではない。多くの市民が参画し、豊かなまちづくりにつなげてほしい。[全文を読む]

  • 10月14日
  • 衆院選・地方創生 本気度が問われている

     地方創生を看板政策として掲げた当初、安倍晋三首相は「異次元の政策を実施する」として意気込みを強調していた。だが、首相は最近、地方創生を話題に取り上げることが少なくなり、成果が上がっているか疑問-とする声もある。その本気度が改めて問われている。[全文を読む]

  • 10月13日
  • 長井、ゼロ歳児から国語教育 脳を鍛え世界に挑もう

     長井市は本年度、ゼロ歳児からの早期国語教育プロジェクトを推進している。小さいころから読み聞かせや音読に親しむことで脳を鍛える試みで、地方に住みながら世界を相手にビジネスができる人材育成を目指す。根底にあるのは、英語習得にはまず母国語教育が大切という考えだ。長井を拠点に、世界に挑む子供たちが数多く育ってほしい。[全文を読む]

  • 10月12日
  • 衆院選・外交安保政策 平和と安定どう守るか

     衆院選で、外交・安全保障政策は国際社会における日本の在り方を問う重要な争点の一つであろう。安倍晋三首相は「北朝鮮の脅威は国難」と危機感を前面に出すが、5年近く続いた安倍政権の外交安保政策をこの選挙で冷静に採点したい。[全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から