談話室

▼▽「南極にホッキョクグマはいますか?」。子どもらしい素直な疑問に、日本から約1万4千キロ離れた極地でカメラの前に立つ本紙記者の表情が緩んだ。今月4日、山形と南極を結んで行われた生配信での一こまである。

▼▽日本新聞協会の代表として南極観測隊に同行している小田信博記者が現地の様子や隊員の仕事などを紹介、小学生のさまざまな質問に答えた。冒頭の児童は野生動物に興味があるのだろう。「残念ながらいません。大きい動物はアザラシかな」との回答に何度も頷(うなず)いていた。

▼▽氷で覆われた海の上で生涯の大半を過ごすホッキョクグマは、気候変動の脅威に直面しているとされる生物だ。このまま温暖化が進めば、2100年に北極圏のほぼ全域で絶滅するという推計もある。先の生配信では、南極の氷の状況など温暖化の影響にも質問が相次いだ。

▼▽小田記者は人間の活動が極めて少ない南極で二酸化炭素濃度が上がっていることを例に、環境変化は地球規模で連動していると説いた。27日は米国・カナダに拠点を置く保護団体が定めた「国際ホッキョクグマの日」。地球の両極に表れる異変を自身の生活に重ねてみたい。

(2024/02/26付)
[PR]
最新7日分を掲載します。
  • 2月26日
  • ▼▽「南極にホッキョクグマはいますか?」。子どもらしい素直な疑問に、日本から約1万4千キロ離れた極地でカメラの前に立つ本紙記者の表情が緩んだ。今月4日、山形と南極を結んで行われた生配信での一こまである。 [全文を読む]

  • 2月25日
  • ▼▽江戸前期を代表する儒者で博物学者の貝原益軒はその生涯に270巻余の書を残した。中でも医学や本草学の豊富な知識に基づく「養生訓」は今に読み継がれるロングセラー。時代を超えて健康長寿の心得を伝授する。 [全文を読む]

  • 2月24日
  • ▼▽子どもたちにとって給食は学校に行く楽しみの一つであろう。40年ほど前の筆者は登校前、献立表にカレーを見つけて足取りが軽くなった記憶がある。人気メニューを心待ちにするのは今の子もそう変わらないようだ。 [全文を読む]

  • 2月23日
  • ▼▽赫々(かっかく)たる戦果を上げようが、世で権勢をほしいままにしていようが容赦ない。ダンテの長編詩「神曲 地獄篇(へん)」は、著名な存在があの世では逆に責め苦に遭う様を描く。トロイ戦争のオデュッセウスとて例外ではない。 [全文を読む]

  • 2月22日
  • ▼▽時折袋から取り出しては眺めている。山形市東部から望む山並みを、横125センチに収めた折り畳み式の展望図である。山形盆地の西端から新緑の丘陵が高度を増していき、奥には残雪を頂いた朝日連峰が描かれている。 [全文を読む]

  • 2月21日
  • ▼▽日本語学の泰斗・中村明さん(鶴岡市出身)が著した「笑いのセンス」は、言語表現を主題にしているが、前提として笑いそのものの分類と考察に紙幅を割く。氏によれば、笑いは「直接的」「間接的」に大別される。 [全文を読む]

  • 2月20日
  • ▼▽「日本霊異記(りょういき)」は、平安前期に成立したわが国最古の仏教説話集である。善行にせよ悪い行いにせよ、報いが巡り巡って自分の身に降りかかった因果応報譚(たん)を集めた。その中に、子どもを顧みなかった母親の話がある。 [全文を読む]

[PR]