山形県釣り情報

【庄内】

 ▽▼海=酒田港周辺で夕方から早朝にかけてアジが好調だ。サビキ釣りで狙う。各河川の河口付近などではスズキの釣果が期待できる。鶴岡沿岸の加茂漁港などで20~30センチほどのアジがルアーで釣れている。1人10匹ほどで、40センチが釣れたという情報も。砂地では20センチほどのキス、磯場では40センチ前後のイナダもぽつぽつ。
 ▽▼船=飛島沖はワラサが1人5~10匹、メバルが1人30~50匹それぞれ釣れている。酒田沖はアジが好調でサイズは20~30センチ。鶴岡沖ではワラサやヒラマサが期待できる。
 ▽▼川=日向川、月光川は水量が安定しており、イワナとヤマメの釣果が期待できる。

【最上】

 ▽▼イワナ・ヤマメ=最上小国川支流の白川で20センチ前後が3~5匹。新庄市の土内川では18~25センチが5匹前後。中流は代かきの影響で濁って釣りにくいため、上流が狙い目。ルアー、餌のどちらでも。
 ▽▼ヘラブナ=新庄市の最上公園で25~30センチが半日で20~40匹。気温が上がり活性が良い。餌は両だんごで宙、底釣りで狙う。

【内陸】

 ▽▼イワナ・ヤマメ=朝日町の朝日川はやや増水しており、川の中に入ることができない。西川町大井沢の寒河江川も雪解けの影響で増水しており、水位の低下を待ちたい。
 ▽▼ヘラブナ=上山市の前川ダムは10~15匹と好調で、山形市の沼の辺は5~10匹。水温が上がった午前10時以降が狙い目でお薦めは両だんご。天童市の寺津沼は依然として水が濁り、釣りはできない。東根市のえびづる沼は2、3匹程度と食いが悪い状況が続いている。
 ▽▼コイ=寒河江市の最上川は代かきの影響で水が濁り、釣りができない。

【置賜】

 ▽▼イワナ・ヤマメ=米沢市内は水位は落ち着いたが、例年に比べて水温が低めで魚の活性も低い。15~25センチのイワナとヤマメが多くて10匹程度。飯豊町の置賜白川ではイワナが10匹前後釣れ、大きさは20~28センチ。水温が上がってきており、釣りをするには好条件。小国町の沢では、20~25センチのイワナやヤマメが10匹前後釣れる。
 ▽▼ヘラブナ=高畠町の蛭沢湖は減水が進み釣り場が増えている。約30センチが15匹程度。深場の宙釣りで餌は両だんご。
2022年5月20日掲載

山形新聞スマホサイト「モバイルやましん」では、東北各県の釣り情報も提供しています。

[PR]
[PR]