最上川200キロを歩く~小学生探検リレー2023

>>山形新聞トップ >>最上川200キロを歩く>>第3週 白川合流点(長井)― 睦橋(白鷹)

第3週 白川合流点(長井)― 睦橋(白鷹)動画はこちら[動画]

そうなんだ 国土交通省長井ダム管理支所長・菊地飛雄馬さん

菊地飛雄馬さん

 ダムには、目的に応じてさまざまな役割があります。長井ダムは、大雨の際に水をためて下流の川があふれないようにしたり、雨が降らない時にはためている水を田畑に安定して届けたり、水道水や発電に利用したりといった役割を持っています。このように複数の役割があるダムを「多目的ダム」といいます。

 長井ダムでは2020年度から、国や地方自治体が管理するダムとしては全国初の「水辺空間のオープン化」(都市・地域再生等利用区域への指定)に取り組んでいます。これは、営利目的事業を認めていない河川区域利用の規則が緩和され、地域の合意を図った上で、河川管理者の指定を受けて民間事業者の営利活動などが可能となるものです。

 現在は水陸両用バスでのダム湖遊覧、水上自転車やスタンドアップパドルボード(SUP)、カヌーの体験、ダム内部の見学ツアー、軽食の提供といった取り組みを展開しています。長井ダムはこれまでの役割に加え、地域の活性化への貢献という新たな役割も担っているのです。

最上川200キロを歩く 第3週 記事一覧
[PR]