最上川200キロを歩く~小学生探検リレー2023

>>山形新聞トップ >>最上川200キロを歩く>>第9週 大蔵橋(大蔵)― 立谷沢川合流点(庄内)

第9週 大蔵橋(大蔵)― 立谷沢川合流点(庄内)動画はこちら[動画]

見た感じた

第9週を担当した舟形町総合型スポーツクラブB&Gの児童

【6年】

 ▽石山翔環(とわ)君(11) 樋管のゲートを開くのは大変な仕事だと分かった。

 ▽伊藤虹花(にか)さん(11) 堤防が私たちを洪水から守ってくれていると知った。

 ▽伊藤夢愛(ゆちか)さん(11) 最上川は流れが緩やかで、とてもきれい。

 ▽井上太希君(11) 洪水発生時の避難ルートを、家族と改めて確認したい。

 ▽大場すみれさん(11) 雨だけど、みんなと歩いて思い出になった。

 ▽斎藤七唯(なゆ)さん(12) 小さいドローンが高く飛ぶことにびっくりした。

 ▽信夫結衣さん(11) 最上川が日本で7番目に長い川だと分かった。

 ▽鈴木恵太君(11) 住宅地への水の流入を防ぐ樋管の役割を初めて知った。

 ▽渡辺莉乃さん(11) 今までより最上川のことを知ることができた。

【5年】

 ▽小国恵葉(えば)さん(10) 排水ポンプ車はすぐに水を抜くことができそう。

 ▽八鍬彩乃さん(11) 初めて水質検査をした。最上川の水は中性だった。

【4年】

 ▽荒沢晴君(9) 排水ポンプ車を使えばあふれた水がすぐになくなりそう。

 ▽石塚煌心(こうしん)君(9) ドローンが高く上がってすごかった。操作したい。

 ▽石山陽翔(ひかる)君(9) 排水ポンプから噴き出す水の迫力にびっくりした。

 ▽加藤湊太(そうた)君(9) 最上川の水が中性で、魚がすめる環境だと分かった。

 ▽後藤杏和(あお)さん(9) 水質検査で、水の色に違いが出るのが面白かった。

 ▽今田葵衣さん(10) 初めて触ったドローンは表面がツルツルしていた。

 ▽佐藤琉維君(10) 樋管から水がドバッと流れ出る音が気持ちよかった。

 ▽豊岡春多君(10) 雨がたくさん降っていて歩くのが大変だった。

 ▽沼沢京佑君(9) レモン水が酸性で、石けん水はアルカリ性と分かった。

 ▽藤本碧生君(9) 樋管のハンドル回しで腕がパンパンになった。

 ▽星川瑛澄(えいと)君(9) ドローンが飛ぶのを近くで見ることができ、楽しかった。

【3年】

 ▽信夫悠(はる)君(9) 樋管を手動で開け閉めするのは時間がかかって大変。

【1年】

 ▽石塚心時(みとき)君(7) ドローンはもっと高く飛べるのかな。

最上川200キロを歩く 第9週 記事一覧
[PR]