県産ブランド米、知事らが田植え

2022/5/19 20:50
県産米のさらなる飛躍を期待し、田植えを行う吉村美栄子知事(右)ら=山形市・県農業総合研究センター

 県産ブランド米の「つや姫」と「雪若丸」をPRしようと、吉村美栄子知事らが19日、山形市の県農業総合研究センターの圃場で田植えを行い、順調な生育を願った。

 吉村知事や折原敬一JA山形中央会長、つや姫レディらが参加。吉村知事が「山形のおいしいお米を全国に届けられるように期待したい」とあいさつし、一人一人に苗を手渡した。参加者は県産米のさらなる評価向上と浸透への期待を込め、「つや姫」と「雪若丸」を丁寧に手で植え付けた。当初は、足のけがを理由に田んぼへは入らない予定だった吉村知事も急きょ、無理のない範囲で作業に加わった。

 2022年産「つや姫」の作付面積は9944ヘクタール、生産量5万3500トン程度とし、「雪若丸」は4032ヘクタール、2万3600トン程度を見込んでいる。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]