山辺町長選、渡辺氏出馬へ 4人の選挙戦に

2022/8/17 08:36
渡辺進一氏

 任期満了に伴う山辺町長選(10月18日告示、同23日投開票)に向け、新人の自営業渡辺進一氏(72)=要害=が出馬の意思を固めたことが16日、分かった。同町長選には現職と新人の計3人が既に立候補の意思を表明しており、4氏による選挙戦となる見通し。

 渡辺氏は同町出身で鶴岡工業高等専門学校を卒業後、1971(昭和46)年に本田技研工業に入社した。国内外での勤務を経て、2010年に退職。町内で自動車の不調の原因を診断する「ワタナベ自動車機器開発」を11年に設立した。

 渡辺氏は山形新聞の取材に対し「人口減少対策が一番の課題。行政だけでなく民間の力を活用し、プロジェクトチームを作って対応したい」と話した。

 同町長選には7選を目指す現職の遠藤直幸氏(75)=山辺、いずれも町議で新人の安達春彦氏(48)=緑ケ丘=と竹俣朋氏(60)=山辺=が立候補を予定している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]