爽やか色合い、子どもら塗り絵 「社明運動」作品展、まず置賜

2022/10/2 12:31
子どもたちの塗り絵作品が並ぶ=米沢市役所

 犯罪や非行のない社会の実現を目指す「社会を明るくする運動」の塗り絵コンテスト作品展が、米沢市役所で開かれており、子どもたちが思い思いに表現した明るい色合いの作品が並んでいる。

 塗り絵は、更生保護のマスコットキャラクターのホゴちゃんらを題材に3パターン。県内の園児、児童らから4423点の応募があり、市町村ごとに10点までを優秀作品として選んだ。

 米沢市役所では、置賜地域の優秀作品と同市の全出品作152点を展示している。竹田和則米沢地区保護司会長は「塗り絵を通し、社会を明るくする運動に小さいうちから関心を持ってもらいたい」と話した。

 幅広い世代に運動への理解を深めてもらおうと同運動県推進委員会が主催した。展示は14日まで(土日祝日は閉庁)。新庄、鶴岡、山形各市でも作品展を予定している。会場と期間は次の通り。

 新庄=ゆめりあ(28日~11月7日)▽鶴岡=鶴岡協同の家こぴあ(11月11日~21日)▽山形=JR山形駅東西自由通路(11月25日~12月6日)

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]