豪雨災害に備え、徳良湖で合同訓練 尾花沢、消防と警察

2022/10/5 10:55
水難救助訓練に取り組む参加者=尾花沢市・徳良湖

 頻発化する豪雨災害に備え、対応力を高めようと、尾花沢市消防本部(五十嵐満徳消防長)と尾花沢警察署(後藤豊署長)は4日、市内の徳良湖で合同水難救助訓練を行い、災害時の連携方法やロープや救助艇といった資機材の使い方などを確認した。

 市消防本部として訓練を実施してきたが、尾花沢署との合同は初めて。関係者約30人が参加した。ロープや浮輪を投げ入れる訓練では、溺れている役の要救助者から大きく外れる場面もあり、距離感などを丹念にチェック。船艇で近づき、水から引き揚げる救助方法にも取り組んだ。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]