10万人当たり新規感染者「本県が最多」正確? 全数把握見直し、任意届け出で変化

2022/10/6 08:35

[PR]
 新型コロナウイルスの感染状況を示す指標の一つとされてきた「人口10万人当たりの新規感染者数」。先月27日~今月3日の1週間では、本県が308.89人で全国最多となっているデータがインターネット上などで確認されている。一方、全数把握の見直しで感染者数は任意の届け出の有無にも影響されるため、「データとしての正確性はいかほど?」との困惑も広がる。

 本県では先月14日以降、無症状・軽症者は医療機関での診断や自己検査の結果を「陽性者健康フォローアップセンター」に自ら登録している。県によると、先月14日~今月4日の感染者計1万437人のうち、8割余りに当たる8474人が自ら同センターに登録を行った。

 医療機関から報告される感染者数と照合すると、「本県は陽性者のほとんどが登録している」(県コロナ収束総合企画課)という。

 一方、無症状者に登録を積極的には呼びかけていない自治体などもあり、自治体間の比較は意味が薄れているという指摘もある。

 同課は現在の感染状況について「引き続き対策が必要」と警戒感を保ちつつ、人口10万人当たりの新規感染者数については「任意の届け出の有無によって数字は変わり得る」とする。センターへの登録が食料支援など必要なサポートにつながるため、引き続き医療機関を通じて登録を促すことにしている。

◆人口10万人当たりの新規感染者数 各都道府県の感染者数と国勢調査の人口数などを基に一部の自治体や報道機関などが独自に算出。ホームページで示している自治体もある。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]