県冬季ロードレース、3年ぶり開催 来年1月に準備委、感染症対策協議

2022/11/29 09:09
3年ぶりの開催に向けて実施要項などを確認した準備委員会=山形市・山形メディアタワー

 第63回県冬季ロードレース大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会主催)の準備委員会が28日、山形市の山形メディアタワーで開かれ、来年1月29日に3年ぶりに開催することを確認した。

 個人は男子が▽一般(10キロ)▽高校(同)▽中学(3キロ)―の3部門、女子は▽一般・高校(5キロ)▽中学(3キロ)―の2部門で行う。団体は3部門で、男子の一般と高校は各チーム上位5人、女子の一般・高校は上位4人の合計タイムで競う。

 スタート地点は男子の一般と高校が上山市金瓶の「原の橋」、女子の一般・高校が山形市の山形大医学部付属病院前、中学男女が同市の山形トヨタ自動車前で、ゴールはいずれも山形メディアタワー前となる。

 準備委では新型コロナに伴う選手の参加基準などを明記した運営マニュアル、感染症予防対策マニュアルについても協議した。1月11日に山形メディアタワーで資格審査会を開く。昨年と今年のレースはコロナ禍で中止となった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]