第一人者の力作集う 天童・第24回市民作品展

2022/11/30 18:59
天童市で芸術活動に打ち込む第一人者の力作が披露されている=同市美術館

 天童市の第24回市民作品展が30日、市美術館で始まった。市内美術団体に所属、あるいは県展以上の公募展で実績のあった第一人者の力作が披露されている。

 日本画、洋画、彫刻、工芸、写真、書の57点を展示。菊地国子さん(日本画)は蔵王のお釜を取り巻く朝焼けの微妙な色合いを表現。青森県の奥入瀬渓谷を題材にした阿部シゲさん(洋画)の作品からは川の流れの音が聞こえてきそうだ。

 渡部潔さん(写真)は日没間近の釜磯海岸(遊佐町)を幻想的に写し出した。ロシアによるウクライナ侵攻への抗議の気持ちを表した作品もあり、「平和」「正道」などと力強い筆致でしたためた書や、無数の命を養い続ける地球をイメージした彫刻が来館者の目を引いていた。

 市民美術・書道展から選抜された小中学生や園児の作品、高校・短期大学生の推薦作など約260点も展示されている。同館学芸員によるギャラリートークは今月4、17日の各午後2時から。展示は同18日まで。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]