平均過去3番目の高値、関係者ら安堵 米沢牛枝肉共進会

2022/12/1 21:14
高品質な米沢牛が並んだ枝肉共進会=米沢市食肉センター

 米沢牛枝肉共進会が1日、米沢市食肉センターで開かれた。飼料高騰で畜産農家の負担が増える中、1頭当たりの平均金額は166万4076円で過去3番目の高値となり、関係者から安堵(あんど)の声が聞かれた。

 置賜地域の生産者が73頭を上場。精肉店などの25社が参加し、断面のロース芯面積やサシの細かさなどを見定めた。チャンピオン牛には高畠町の日下渡さん(39)が生産した黒毛和種の雌(451キロ)が選ばれ、米沢佐藤畜産(米沢市)が全体最高額の342万3685円(1キロ当たり7591円)で競り落とした。

 1頭当たりの平均金額は新型コロナウイルス感染拡大以降、120万~130万円ほどで推移していたが、今年はコロナ禍前の水準まで回復した。米沢食肉公社の佐藤康寛社長は「優良な品質のものが多く、想像以上の高値になり、うれしい」と話していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]