色とりどりのクリスマスリース 朝日中特別支援学級の生徒、道の駅で販売

2022/12/3 13:29
手作りのクリスマスリースを販売した朝日中特別支援学級の生徒たち=朝日町・道の駅あさひまち「りんごの森」

 朝日町朝日中(原田正明校長)の特別支援学級の生徒3人が2日、同町の道の駅あさひまち「りんごの森」で手作りのクリスマスリースを販売した。

 リース制作は生活単元学習の一環で毎年行われ、7回目。生徒は校内で育てたサツマイモのつるを編んで輪を作り、白や金に色付けした松ぼっくりやクルミを飾った。中心には紙粘土で作ったサンタをあしらっている。

 価格は1個350~千円で、年内に同道の駅で100個販売される。「色の組み合わせや配置を考えるのが難しかった。家に飾ってほしい」と2年石塚蓮さん(14)。来場者は生徒が約3カ月かけて作った色とりどりの力作に見入り、聖夜が近づくのを実感していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]