ワイヴァンズ、連勝止まる バスケ男子・B2、A千葉に惜敗

2022/12/4 09:11
〈A千葉―山形〉第3クオーター、シュートを決める山形のジェームズ・ベル=千葉市・千葉ポートアリーナ

 バスケットボール男子・Bリーグ2部は第10節第2日の3日、各地で7試合が行われた。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは千葉市の千葉ポートアリーナでA千葉と対戦し、86―90で敗れた。連勝は5で止まり、通算成績は9勝9敗。順位は3位のまま。

 山形は山田友哉、ジェームズ・ベル、高橋浩平、村上駿斗(山形南高出)、トーマス・ウェルシュが先発した。第1クオーター(Q)に先行を許したが、第2Qにハビエル・カーターを軸に攻め、前半は46―45で折り返した。逆転を許した第3Q以降も粘りを見せたが、シュート成功率で上回った相手に振り切られた。ベルが両軍最多の30得点、カーターが22得点、鈴木大(日大山形高出)が12得点だった。

 次戦は4日、同会場でA千葉と再戦する。

簡単に失点、流れ変わった

 ミオドラグ・ライコビッチヘッドコーチの話 序盤で簡単に点数を与えないように話していたが、試合を通して相手を抑えられなかった。リードした場面でも簡単に失点し流れが変わってしまった。次戦はもっとハードな守備で、より速くボールを展開していきたい。

山形ワイヴァンズ

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]